ワキガ メカニズム

ワキガとは?

ワキガの定義は「脇の下の汗が原因で生じる悪臭」です。

 

ワキガは病気ではありません。体質の人で体質の1つです。

 

言い換えれば、だからこそ人に相談することもはばかられ、1人うじうじと悩むことになる、厄介な症状なのです。

 

放置していれば、この独特の匂いが原因で他人に不快感や嫌悪感を与えることになりかねません。

 

また、この匂いを気にし、対人関係(男女のリレーションシップも然り)に尻込みをしてしまうことも少なくありません。

 

かつてはワキガもフェロモンとして存在したと言われ、今でも人間以外の動物はそれを使用してコミニケーションをとっていると言われています。

 

発情期には独特の匂いを発することによって異性を引きつけ、繁殖を繰り返してきたのです。

 

しかし人類が進化し、匂いではなく用紙や服装等で異性を惹きつけるようになりました。

 

そうなればかつてはフェロモンとして重宝したであろう脇の匂いも、今では人間には不必要な、嫌われ者の異臭としての価値しかないのが現実です。

 

ではどうしてワキガは臭うのでしょう?

 

ワキガのメカニズムを説明する前にワキガと大きく関わっている皮膚と汗の説明をしなければなりません。

 

皮膚の構造

 

皮膚は大きく分けると表皮、真皮、皮下組織の3つの層からなっています。

 

表皮が1番外側にあり、厚さは0.1から0.3ミリ程度の非常に薄い皮です。

 

その下に真皮があり、ここは皮膚に酸素や栄養を運ぶ重要な結果が流れています。

 

この部分をマッサージなどして刺激すると、毛細血管活性化され、皮膚の老化予防になります。

 

真皮の厚さは1.2ミリ程度です。

 

この表皮と真皮の二重構造の下に分厚い皮下組織があります。

 

これがいわゆる皮下脂肪で、厚さは体の部分によって異なります。

 

感染例

 

※エクリン汗腺

 

人間には2種類の感染があります。

 

1つはエクリン汗腺です。

 

エクリン汗腺からはエクリン汗が分泌されます。

 

これは私たちが日頃「汗」と呼んでいるものです。

 

エクリン汗腺は唇や耳の外耳道、爪の裏や祈祷除いた人間の体のほぼ全てに分布しています。

 

エクリン汗腺の数は人種によって異なっていて、暑い地域に住んでる人ほど多く存在します。

 

平均的日本人の場合、約350万本、1平方センチあたり約200から300本のエクリン汗腺があると言われています。

 

エクリン汗腺はアポクリン汗腺に比べて小さく、その大きさは60から80ミクロンほどで、肉眼では当然見えません。

 

真皮と皮下組織の境目付近にあり、その出口が独立して皮膚に開いています。

 

分泌されるエクリンの子は1%弱の塩分などのミネラル(汗が乾くと白く粉をふいたようになるのは、汗の中の塩分が皮膚の表面に残るためです) 99%の尿素、乳酸などを含んだ水分の成分で構成されています。

 

いちにち約1.5から2リットル分泌されていて、体温の調節、皮膚表面の殺菌等の役割を果たしています。

 

粘り気もなくエクリン汗自体は無臭です。

 

※アポクリン汗腺

 

アポクリン汗腺からアポクリン汗が分泌されています。

 

アポクリン汗腺と言う特殊な感染は人間の脇や陰部のようなゴワゴワした肌の付け根、まれにおへそや乳首、肛門の周辺、耳の穴の中に存在します。

 

アポクリン汗腺を皮下組織に位置し、意図が絡み合ったような形で、出口は毛穴と合流しています。

 

アポクリン汗腺は日本では「大汗腺」とも言われています。

 

なぜならその大きさは、エクリン汗腺の10倍ほどあり、例えて言うならばキャビア位の大きさで、肉眼で見ることができるほどだからです。

 

アポクリン汗の成分は、脂肪(中性脂肪、脂肪酸、コレステロールコレステロールなど)、タンパク質、鉄分、色素、蛍光物質、尿素、アンモニアなどで、汗といっても粘り気のある乳白色がかった色です。

 

分泌された直後のそれはほぼ無臭でじわじわと一定の周期で分泌されます。

ワキガは切らずに悩み解消